おいしいみかんになぁ〜れ

のま果樹園栽培日誌
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
みかんのことなら↓
PROFILE
SEARCH
<< みかん山にも雪が・・・ ブラッドオレンジの様子も! | main | 「せとか」最終出荷迫る!/ みかん山の今の様子も・・・! >>
みかん山の様子!

こんにちは!
のま果樹園店長の越智(おち)です。


先日の伊予灘を震源とする地震、皆様は大丈夫でしたでしょうか?

こちら愛媛では大きな地震は滅多にこないので、
結構な騒ぎになっていました。

のま果樹園のある今治(いまばり)市では震度4と言う事もあって、
そこまで大きな被害は出ていないようです。

のま果樹園でも怪我人や、倉庫の柑橘等への影響はありませんでした。
お気づかいのメールを頂いた皆様、どうもありがとうございました。


さて、本日は朝からお天気だったので、
みかん山の様子を見に行ってきました。




↑のま果樹園のみかん山から見える、今治市内の様子。
晴れていて遠くまで見渡せます。



3月も半ば、そろそろ「桜」の開花が気になる頃ですが、
さすがにまだ花は咲いていませんが、

みかん山に登る途中の梅の花は満開になっていました。




さて、今の時期のみかん山、
柑橘はほぼすべて収穫が終了しています。

収穫作業の作業が無いので
やることはないように思うかも知れませんが、

今のうちにやっておかないといけない事も
たくさんあります。




まずは剪定(せんてい)。

これから4・5月でみかんの芽が出て、花が咲き、
それから実をならしていくわけですが、

おいしいみかんを作るために余分な枝や葉を
落として行く作業です。

今年はここの部分から枝を伸ばして実を付け、
そして来年はこちらから・・・

というように計画をたて、枝や葉を落として行きます。


そして時には、古くなった樹をまるごと伐採して、
新しい樹に植え替える事もあります。


以前、1月18日の店長日記でお伝えした、
古くなった樹をきっていた場所ですが、


↑こちらが1月18日の様子です。


あたらしい樹を植えるため、今日も作業をしているところでした。


↑こちらが今日3月15日の様子。

あちこちに細い棒が立っているのが分かりますか?


これは、新しい樹を植えるための目印なんだそうです。



↑コンテナにたくさん用意してきていました。


同じ場所ならたくさんの樹を植えたいところですが、
無計画に植えると日当たりが悪くなったりする事もあります。

そのため、樹と樹の間隔を測り、
計画的に植える位置を決めて行っていました。



↑棒とメジャーを使って次に植える樹の場所を決めているところです。


樹を植えてもすぐに実がなるわけではないので、
数年先を見据えて植えて行かないといけません。


今、人気の品種でも数年後にはどうなるか分かりません。

近年、次々と色々な新品種の柑橘が登場していますので
どの柑橘を植えるかは農家さんの悩みどころです。


定番の柑橘から新品種まで、
農家さんが長い時間をかけて育ててくれた柑橘を
これからもご紹介していきますので楽しみにお待ち下さい!

 
| のま果樹園 | 農作業日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://mikanland.jugem.jp/trackback/92
Copyright (C) 1995-2006 NOMASEIKA Co.,LTD. All Rights Reserved.