おいしいみかんになぁ〜れ

のま果樹園栽培日誌
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
みかんのことなら↓
PROFILE
SEARCH
<< みかん山の様子、「デコ」「ブラッドオレンジ」も…/ ワケあり愛媛みかん、先行予約受付開始! | main | 収穫目前!今のみかん山の様子です! >>
今のみかん山の様子です!収穫まであと2ヶ月、ワケありみかんも予約受付中♪

こんにちは!
のま果樹園店長の越智(おち)です。

毎日暑い日が続いています。

お盆の間、市内にある「のま果樹園」の
実店舗の応援として店に行っていたんですが、

来られたお客さんはほとんどの方が、
今日も暑いねえ」と口にしていました。

そのせいか、特に「ジュース」や「ゼリー」、
そして「冷凍みかん」といった「ヒンヤリスイーツ」が
残暑見舞い」や「御供え」の品として人気があったような気がします。


まだまだ厳しい「残暑」が続きそうですので、
水分補給や冷房など、十分にご注意ください。



さて、「今のみかん山の様子」です。


柑橘類の収穫の時期は、品種によって変わってきますが
一番早いものは「10月中旬頃〜」収穫が始まる、
極早生(ごくわせ)みかん」。


収穫まで残り2ヶ月あまりですが、
今はいったいどんな状況でしょうか?




↑今の様子はこちら。

まだ青々としていますが、
大きさは随分と大きく成長してきました。

柑橘の皮の色」は今はまだ緑色ですが、
これから「気温が下がってくる」と、
だんだんと黄色く色づいてきます。

(秋になっても気温が中々下がらず、
ずっと暑い日が続くと色づきが遅れてきます)





↑こちらの実は一見、上の方が黄色く色づいているように見えますが、
これは強烈な日光を浴びた結果、日焼けしてしまっている果実です。

このように「果実が上側にむいているもの」(天成り)は
どうしても直射日光の影響を受けやすくなってしまいます。

日焼けしたものは実がカチカチになったりしているものもあります。


昔は「外なりみかん」(樹の外側になっているみかん)が、
お日様の光をたっぷりと浴びて、美味しい!という傾向がありましたが、

地球温暖化、そして年々厳しくなる日射量の関係もあって、
外なりのものは日焼けの被害を受ける事も多くなってきているそうです。



さて、暑い日が続くと「のどが渇く」のは人間だけではありません。

みかんの樹も、今の時期は適度に水をやらないといけません。



みかん山に「水道」があるところはいいのですが、無いところでは
上の写真のようにトラックに「水を入れたタンク」を積んで、
往復して水やり(灌水)をすることもあります。


どうしても暑い時期の作業になるので、
何往復もする事になると本当に大変です・・・。






そして水やりの他にも、秋の収穫に向けて
摘果(てきか)」も重要な作業の一つです。
(摘果…余分な果実を落としていくこと)


これから収穫までの間に「仕上げ摘果」といって
樹になる果実の量」の最終調整を行います。


たくさんの実を成らせておいた方が、
たくさん収穫できて良いような気もしますが、

実がなりすぎると、ひとつひとつの果実が小さくなったり、
また樹が力を使いすぎて疲れてしまい、
来年はあまり実がならなくなってしまったりします。

どの果実を残して、どれを落として行くかは
農家さんの長年の経験と勘です。



秋〜冬にかけて美味しいみかんが収穫できるよう、
農家さんは天候や樹の状態を見ながら、
これから収穫までに追い込みをかけて行きます。


のま果樹園でも、ひとあしお先に「ワケありみかん」の
予約受付をスタートしました。


みかん山の状況も、随時お知らせしていきますので
既にご予約頂いた皆さんは楽しみにお待ち下さい!


予約がまだ、という方はこちらからどうぞ!



| のま果樹園 | 農作業日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://mikanland.jugem.jp/trackback/81
Copyright (C) 1995-2006 NOMASEIKA Co.,LTD. All Rights Reserved.