おいしいみかんになぁ〜れ

のま果樹園栽培日誌
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
みかんのことなら↓
PROFILE
SEARCH
<< みかん山の様子!つぼみもチラホラと・・・ / カラマンダリン、予約殺到しています! | main | みかん山の様子!みかんの花が次々と… / 「媛小春(ひめこはる)」の「接ぎ木(つぎき)」の結果は…? >>
みかん山、なんと花が咲いているものも・・・
こんにちは!
のま果樹園・楽天市場店店長の越智(おち)です。

さて、先週の土曜日になりますが、
のま果樹園のみかん山に登ってきました。





みかん山から見える、今治(いまばり)市内の様子。
お天気だったこともあって、遠くまで見渡す事ができました。


さて、みかんの樹の様子。

なっている場所や柑橘の種類にもよって
生育の状況は異なっていますが、
今はだいたいこんな感じです。





新しい芽がニョキニョキと出てきて、
少しずつ「つぼみ」の形になっていっています。





早いものでは、はっきりと「つぼみ」の形が
分かるようになってきています。















芽の成長具合は、日当たりの良さなどにも影響されてきます。
環境が良いところでは、もう花びらがつき、
花が開きかけているものも・・・





今回見た中で、一番成長が早かったのはこちら。

なんと、すでに花びらが開いていました。





ただ、まわりの芽を見ても分かる通り、
花が咲いているのはごくごく一部。





これから連休明けになると、
ぼちぼちと花びらをつけてくるものが
増えてくると思いますのでお楽しみに・・・!



今日はみかん山では「剪定(せんてい)」
作業をしているところでした。





みかんの樹から、余分な枝や葉を
つぎつぎと切り落としていきます。





なんだかもったいない気もしますが、
美味しいみかんを育てるには、今の時期の
剪定(せんてい)が重要です。


これから花の付き具合をみて、
花が多いようなら花を落としたりもしていきます。

今年はみかんの「表年(おもてどし)」
あまり花が付き過ぎる(=実がなりすぎる)と、
樹が疲れてしまって、来年あまり実が出来ません。


バランスを考えて、適時「枝」「花」
そして「果実」を間引いていきます。




さて、いつも「みかん山」の様子をご紹介していますが、
今回は「のま果樹園の倉庫」も一部ご紹介。





ふだんは密閉、一定の温度で低温貯蔵されている倉庫。

扉に「11」と書かれてあるように、
のま果樹園ではこういった低温貯蔵倉庫が13部屋あります。





↑下から上までこの通りギッシリと詰まっています。
ちなみに、この倉庫に満タンに入っているのは
清見タンゴール(清見オレンジ)
(ひとつのコンテナには約15〜20kgの「清見」が詰まってます)




↑こちらが清見タンゴール(清見オレンジ)

収穫は3月頃までには終了しており、
あとは「低温貯蔵」されたものを、のま果樹園では
6月中旬〜下旬まで販売しています。


出始めのころのものに比べると、
じっくり低温貯蔵で寝かせたものは
果汁は多少減ってくるものの、甘さがだんだんと増してきます。

既に4月に食べた人も、5月・6月の清見を是非試してみて下さい。
また違った味わいを楽しむ事ができますよ。




↑そしてこちらはブラッドオレンジ(タロッコ)

近年人気が出てきたブラッドオレンジ(タロッコ)
「イタリア産」「ブラッドオレンジ」のジュースが有名ですが、
こちら愛媛でも、ここ数年で栽培が本格化してきました。
※特に宇和島等の南予地方(愛媛県の西南部)

のま果樹園では、3〜4月にかけての販売でしたが、
5月に販売できる分の在庫をなんとか確保できました。

在庫限り、無くなり次第終了ですので
ご注文はお早めにどうぞ。




↑こちらは4月下旬から出荷が始まった
ニューサマーオレンジ(日向夏・小夏)

まるで「蛍光ペンの黄色」のような色で、
見た目はレモンみたいでとても酸っぱそうに見えますが、
さっぱりした甘酸っぱさで、これからの時期にピッタリの柑橘。


通常は苦くて食べられない「皮と実の間の白い皮」
ほんのりした甘さで食べられる、ちょっと変わった食べ方の柑橘です。
変わった食べ方?も・・・こちらからどうぞ!




↑こちらは段ボールの状態で入荷している河内晩柑(ジューシーオレンジ)

販売している業者や産地によって「美生柑(みしょうかん)」
「ジューシーゴールド」「宇和ゴールド」「ジューシーフルーツ」等の名前で
ブランド化もされているので、ちょっと混乱してしまうかもしれませんね。


よく「和製グレープフルーツ」とたとえられるように、
たっぷりの果汁とスッキリした甘さ・酸味が特徴です。
(グレープフルーツのような苦みはほとんどありません)



年明け1月から、こちら愛媛では特に
「様々な種類の柑橘類」が登場してきましたが、

この5月・6月の「初夏の柑橘」の後は、
「ハウスみかん」ぐらいで、

「たくさんの種類の柑橘」が楽しめるのは
5・6月で最後、あとは年末・年明けまで待つ事になります。


見た目も味も、バラエティ豊かな「5月の柑橘」
連休明け、お出かけで疲れた体へのビタミン補給にも、
是非一度、食べくらべをしてみて下さい。

| のま果樹園 | 農作業日誌 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://mikanland.jugem.jp/trackback/73
Copyright (C) 1995-2006 NOMASEIKA Co.,LTD. All Rights Reserved.