おいしいみかんになぁ〜れ

のま果樹園栽培日誌
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
みかんのことなら↓
PROFILE
SEARCH
<< 愛媛みかんの収穫、始りました!/ 高級柑橘「媛まどんな」予約受付もスタート! | main | みかん山、「せとか」収穫の様子! >>
みかん山の様子!収穫作業、袋掛け… 愛媛みかんやまどんなも!

こんにちは!
のま果樹園店長の越智(おち)です。


ここ数日、急に冷え込みが厳しくなりました。

空気も乾燥し、風邪やインフルエンザにも注意が必要な
時期になってきました。

保湿・保温に注意をして、これから忙しくなる年の瀬、
元気に乗り越えていきましょう。


さて先週末、のま果樹園のみかん山に登ってきました。



今の時期は「愛媛みかん」の品種「早生みかん」の収穫に、
農家さんたちは大忙しです。

みかん山を車で登っていると、県外ナンバーの車を見かける事も
たびたびあります。

県外に出ている、農家さんの家族が休みの日にこちらに
お手伝いに来るのもよくある光景です。




先週は雨が多い時期もありましたが、
この日はいいお天気でみんな必死に収穫をしていました。




高いところのみかんは脚立に登って収穫します。

オレンジ色のキャリー(コンテナ)1つで15-20kg程度のみかんが入ります。

収穫されたみかんはキャリーに入れられ、
そしてトラックで倉庫まで運ばれていきます。





今の時期、みかん山は一面オレンジ色に染まっています。

愛媛みかんは11月中旬〜12月上旬にかけて、
早生(わせ)みかん」という品種が収穫・出荷されていますが
特徴は「甘さ・酸味のバランス」と「内皮の薄さ」です。





12月中旬から「中生(なかて)みかん」に品種がかわり、
甘みは増してきますが内皮は早生みかんよりは厚みが出てきます。

甘いだけじゃなく、ある程度酸味もあって、中の皮が薄いみかんが好き
という方は今の時期の「早生(わせ)みかん」がオススメですので
お早めにお申し込み下さい。


⇒ご自宅用には「ワケあり」がオススメです







そしてみかんが美味しくなってくると、
それを狙って毎年やってくるのが「イノシシ」です。

上の写真、あちこちのみかんがイノシシに食いちぎられて
皮だけが残っているのが見えますか?



さて、紙製の袋がけをされたこちらの柑橘。



袋掛け」は主に寒さや雨、そして鳥たちから果実を守るために
ひとつひとつ手作業で行っていきます。




」にもいろいろなタイプがありますが、こちらは底が空いています。

入っているのは「媛まどんな」。

寒さ対策もありますが、おもに「」から果実を守るために袋掛けされています。

媛まどんな」はとても皮が薄い柑橘ですが、その分皮が弱く、
雨がヘタの部分にたまると傷みの原因にもなってきます)





近年人気の「媛まどんな」、「ものすごく甘みが強い」というタイプではありませんが
やわらかい果肉で食感がとてもよく(「ゼリーのような食感」とよく言われます)
ジューシーで酸味も少ないのが特徴です。

出荷開始は12月中旬頃〜の予定で、既にご予約頂いている方には
順番に出荷予定のお知らせをお送りしています。

媛まどんな」のお届けまで、今少しお時間を頂く事になりますが、
美味しい「まどんな」をお届けできるよう努めてまいりますので
楽しみにお待ち下さい。

媛まどんな
⇒ご予約がまだの方はこちらからどうぞ



| のま果樹園 | 農作業日誌 | - | - |
Copyright (C) 1995-2006 NOMASEIKA Co.,LTD. All Rights Reserved.