おいしいみかんになぁ〜れ

のま果樹園栽培日誌
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
みかんのことなら↓
PROFILE
SEARCH
<< みかんの収穫始まりました!今の様子です | main | お歳暮受付スタート!みかん山、袋掛けの様子 / 甘平・せとかも…! >>
オレンジ色に染まったみかん山の様子!/高級柑橘「まどんな」の様子も

こんにちは!
のま果樹園店長の越智(おち)です。


11月に入り、朝晩の冷え込みが随分と厳しくなってきました。

・・・かと思えば、日中は半そででも過ごせるほどの陽気になる事も・・・


気温の変化で体調を崩さないよう、十分に気をつけましょう。



さて、冬が近づき夜の気温が下がってくると
みかん」の色もだんだんと色づいてきます。
(気温がなかなか下がらないと、みかんの色づきが遅れてきます)


のま果樹園のみかん山でも、11月に収穫を迎える
早生(わせ)みかん」で山一面がオレンジ色に染まっていました。





10月中旬〜11月初めにかけて、
愛媛みかんのトップバッターとして登場していた「極早生(ごくわせ)みかん」は
まだ皮が青みがかり「爽やかな甘酸っぱさ」が特徴でしたが、

11月中旬からの「早生(わせ)みかん」は甘みも増してきて
中の薄皮も薄く、ほどよい酸味もあって食味の良さが特徴です。





12月中旬からの「中生(なかて)みかん」になると
さらに甘さは増してくるのですが、中の薄皮は早生みかんと
比べると厚くなり、少し気になる人もいるかもしれません。


(「極早生みかん」「早生みかん」「中生みかん」、
どれも「温州(うんしゅう)みかん」の品種で、出荷時期による通称です。
その「温州みかん」で愛媛産のものが「愛媛みかん」と呼ばれています)







みかん山に登ったのは昨日の事でしたが、
お天気と言う事もあって色づいたみかんが
真っ青な青空に映えていました。





収穫を目前に、甘さが乗ってくる「早生(わせ)みかん」、
みかん畑に入るとあちこちから鳥たちの鳴き声や
飛び去る羽音が聞こえてきます。

既に食べられてしまっているみかんもちらほら・・・


みかんの品種によっても味は変わってくるのですが、
同じみかんなら「大玉」のものよりも「小玉」のものの方が、
味がギュッと詰まって濃い味になる傾向があります。

先週より販売開始した「ぷち愛媛みかん」、
こちらは「早生(わせ)みかん」に切り替わってから
小玉のみかんをお詰めするようになっています。


1箱あたり約994円!
小玉で美味しい「ぷち愛媛みかん」


すでにたくさんのご予約を戴いており、
商品の発送は来週末〜再来週になる予定です。

お申込み頂いた方から順次発送とさせて頂きますので
ご注文はお早めにお願いしますね。





↑そしてこちらもすでにたくさんのご予約を頂いている、
12月中旬頃から出荷が始まる
媛まどんな」。(正式名称は「愛媛果試第28号」)


これから収穫の冬の前に、
寒さや雨から果実を守るために紙製の袋をかけて保護しています。





↑袋の中はこの通り。
もうずいぶんと色づいていましたが、これから
収穫までに濃いオレンジ色へと色づいていきます。


この媛まどんな、「ものすごく糖度が高い」という訳ではないのですが
酸味が少なく、ゼリーのような独特の食感から、とても口触りが良い
上品な味わいの柑橘です。




毎年たくさんのお問合わせを頂き、
予約も殺到するために年によっては早期終了してしまう事も・・・

今のところの予定では12月中旬〜1月中旬までは
取り扱いできる予定ですが、在庫限りとなりますので
ご注意ください。





これから冬を迎え、気温が下がってくると
みかんが美味しい時期になってきます。

今シーズンも愛媛のおいしいみかん、
産地直送で全国の皆さんにお届けできるよう努めていきますので
楽しみにお待ち下さい。

 
| のま果樹園 | 農作業日誌 | - | - |
Copyright (C) 1995-2006 NOMASEIKA Co.,LTD. All Rights Reserved.