おいしいみかんになぁ〜れ

のま果樹園栽培日誌
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
みかんのことなら↓
PROFILE
SEARCH
<< みかん山の様子!今年のみかんの出来は… | main | オレンジ色に染まったみかん山の様子!/高級柑橘「まどんな」の様子も >>
みかんの収穫始まりました!今の様子です

こんにちは!
のま果樹園店長の越智(おち)です。


今年は台風が多かったような気がしますが、
今週末から来週にかけて、また大型の台風がやってきました。

すでに沖縄など、影響が出ているところもあるようですが
皆さんも十分にお気を付け下さい。


さて、台風が来る前、今日はこちら愛媛では
曇ってはいるものの雨は降っていなかったので
のま果樹園のみかん山に登ってきました。




こちらは収穫前の「極早生(ごくわせ)みかん」です。

愛媛みかん(温州みかん)の中でももっとも出荷が早く、
10月中旬からスタートします。





今年はお盆明けから雨が多く、酸の抜けはよかったものの
味が乗ってくるか心配だったのですが、9月以降は天気の日も
多かったのでまずまずの味わいになってきているとの事です。





愛媛県内のあちこちで既に収穫が始まっていますが
のま果樹園のみかん山でもちょうど今日収穫をしているところでした。





同じ極早生(ごくわせ)みかんでも、色づきには結構な差があります。

まだ青みがかったものもあれば、すっかり黄色に色づいているものも・・・





↑こちらは10月中旬から出荷が始まる「極早生(ごくわせ)みかん」。

出始めのみかんですので甘みはそれほど強くありません。

どちらかというと爽やかな甘酸っぱさや香りを楽しむみかんです。





↑こちらは11月中旬から出荷が始まる「早生(わせ)みかん」。
さすがに今の時期はまだ青いですね。


極早生みかんに比べると甘みやコクも出てきて、
程良い酸味もあるので昔からの「みかん」好きの人に好評です。

中の薄皮が薄くて食べやすいのも人気の理由です。
(12月の「中生(なかて)みかん」になると甘みは更に増してきますが
中の薄皮が少し厚くなり、それが気になる人も多いかも・・・)



みかんの収穫は1年に一度だけ。

つまり、一年間、農家さんががんばって収穫まで
育てているわけですが、天候や害虫・害獣によって
収穫までにやられてしまうものも・・・




↑こちらは恐らくイノシシか何かに食べられてしまっていました・・・。


みかん山でも、鳥や獣を防ぐためにあれこれ対策をしています。




↑こちらはイノシシが入ってくるのを防ぐ防護ネット。




↑みかん畑版のカカシ?
時々、ブザーの音が鳴って鳥などを追い払うようにしています。





↑この動物、なんだか分かりますか?

「ハクビシン」だそうです。
先日、みかん畑に侵入していたところを
農家さんが捕まえたという事で見せてくれました。


県内でも特にイノシシの被害がよくニュースなどで言われていますが
地域によってはシカやタヌキ、サルなどもみかん畑を狙っているそうです。



天候不順や病気、鳥獣などの被害を乗り越えて
収穫の時を迎えた「愛媛みかん」。

これからいよいよシーズンが始まります。



既にご予約戴いていた方から順次出荷をさせて頂きますので
ご予約戴いていた方は楽しみにお待ち下さい。


お申込みがまだの方は、こちらからどうぞ!


⇒お待たせしました!秋から始まる「愛媛みかん」
まずは
キズあり・大きさ不揃いの「ワケあり品」まもなく出荷が始まります!



さわやかな甘酸っぱさの「極早生(ごくわせ)みかん」(10月)
コクのある甘さの「早生(わせ)みかん」(11月)、

出荷時期もお選び戴けますのでお好みに合わせてどうぞ!

 
| のま果樹園 | 農作業日誌 | - | - |
Copyright (C) 1995-2006 NOMASEIKA Co.,LTD. All Rights Reserved.